エイジングケア・サプリメント情報発信メディア

栄養書庫 NUTRIENT LIBRARY

乳酸菌生産物質「バイオジェニックス」

私たちの健康には必要不可欠な物質

環境が整った腸内フローラでは乳酸菌(善玉菌)が発酵・増殖を行い、私たちの体を元気にしてくれるさまざまな物質を作り出しています。これが乳酸菌生産物質です。

乳酸菌生産物質にはペプチド、ビタミン、短鎖脂肪酸をはじめとするさまざまな物質があり、生体調節や免疫、病気の予防、老化の制御など多くの作用があることから、私たちの健康には必要不可欠な物質と考えられています。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

最近、よく耳にする「腸活」は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスをいい状態に保って善玉菌の働きを高めることにあります。そのためには「生きた乳酸菌が含まれる食べ物を食べること」と「乳酸菌のエサとなる食べ物を食べること」の両方が必須です。

これまでの腸活はプロバイオティクス(善玉菌)とプレバイオティクス(善玉菌のエサ)を摂り入れることで、腸内で乳酸菌生産物質が自然に作られるのを待つ、というスタイルが一般的でした。しかし食生活の変化やストレス、加齢などの要因により、私たちの腸内の善玉菌は数が少なくなる傾向にあります。

バイオジェニックス

バイオジェニックスが腸内フローラのバランス改善をサポート

そこで注目されているのが、体外で乳酸菌を発酵させて作った乳酸菌生産物質、いわゆるバイオジェニックスです。バイオジェニックスは胃酸などにも強く、腸にしっかりと届いて、腸内フローラでの発酵を介さずに、体に直接摂り込むことができ、腸内フローラのバランス改善もサポートします。

バイオジェニックスを上手に摂り込んで、腸内フローラを健康に保つことで、病気の予防やはつらつとした毎日が過ごせる健康な身体を保つ可能性が期待されています。

オンラインショップ
新規会員登録

栄養書庫オンラインショップを
ご利用されたい方は
新規会員登録をお願いします。

新規会員登録

栄養書庫への
お問い合わせ

栄養書庫へのご質問、ご相談、
メディア掲載希望の方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
トップへ戻る