エイジングケア・サプリメント情報発信メディア

栄養書庫 NUTRIENT LIBRARY

ヒト幹細胞培養液とは? 有効成分たっぷりの培養液

幹細胞とは

再生医療への期待が高まる今、『幹細胞』が注目されています。

幹細胞とは、骨、血管、血液、肌、心臓、筋肉など、体のいろいろな細胞に分裂して成長できる能力を持つ細胞のこと。細胞分裂を繰り返して自分と同じ細胞を増やせる能力(自己複製能)と、自分とは違う細胞になれる能力(分化能)をあわせ持つ特殊な細胞です。

幹細胞を使った研究のひとつ「ヒト幹細胞培養液」

現在、幹細胞を使った再生医療の研究は大きく3つに分類されます。

①ES細胞 ヒトの受精卵を用いた多能性幹細胞(ヒトを形成するすべての細胞になりうる細胞)。卵子を使うことに対する倫理的な問題があります。

②iPS細胞 山中伸弥博士がノーベル賞を受賞したことで知られる多能性幹細胞。体内の線維芽細胞などを採取し、遺伝子操作をして人工的に多能性幹細胞を作り出します。遺伝子操作の安全性は時間をかけ実証する必要があります。

③成体幹細胞 皮下脂肪などの脂肪組織に多く存在する幹細胞。それを抽出して遠心分離等をしたものが、乳がんの乳房再建手術やスポーツ選手のひざ軟骨再生手術等に用いられています。

この3つのほかに、いま最も安全性が高いとして美容の分野から実用化が進んでいるのが、『ヒト幹細胞培養液』です。ヒト幹細胞培養液とは、幹細胞を培養する際に分泌する成分を大量に含んだ培養上清(上澄み)のことです。

女性

オンラインショップ
新規会員登録

栄養書庫オンラインショップを
ご利用されたい方は
新規会員登録をお願いします。

新規会員登録

栄養書庫への
お問い合わせ

栄養書庫へのご質問、ご相談、
メディア掲載希望の方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
トップへ戻る